10月入学生も10月のスクーリングに出れる

ハラハラしたのですが、日大のサイトをみると、申請中になっていたので、対象には入ったようです。

通常はネットから申請出来ますが、10月入学生は何日までに入学してないと、10月からのスクーリングやメディアの対象からははずれるよとかあるみたいです。また、入学が間に合えば対象には入るけど、正規の締め切りは過ぎたので、郵送のみの受付ねなどもあって、私の今回はこれでした。

しかも不安なのに普通郵便で送る…。(笑)

本当は演習系のスクーリングやメディアでしか取れない科目にjoinしたかったのですが、今期、受けたかったそれはない上、じゃあこっちでもいいかと思ったやつは夏季スクーリングの続きをやるってかいてあったので、何か受けたくない方の科目なのにそれじゃ不安よねってことで、演習じゃないけどスクーリングだけで2単位とれる「面白そう」と思える授業にしてみた。

入学早々、なんか一個は初めに出たほうがいいかなと思ったの。

4日間、土日2週めいっぱいですが、結構楽しみ。習い事から考えると、こんなにみっちり四日間で一万というのは確かに安い。

しかし今すごい気になってるのは、事前に資料配布してくれるらしくて予習要なんですが、その事前資料がいつ配布されるのかしら!!!ということ。抱えてるレポートやカモシュウの準備と、他の習い事の昇段試験鑑みて、やり切れるか不安で不安で…。

早く配布プリーズ!!

9月22日、教科書届く。

連休明け、日大のサイトを見ても画面上変化なし。たまたま申請から2日で届いた人のブログを見てしまったので心配になった。

画面上、申請した教科書前にチェックボックスが…。あれ?このチェックって選択しただけで申請されてないとか?チェックして申請ボタン押した方がいいんか?でも残り一回の申請可能数がなくなったら困る…。

大丈夫、午後には処理済みになっていました。(^O^)

教科書は祝日の午前中に届いた。あら〜〜そっからもう、TOEICそっちのけで読んどりますよ。

英語I :GOODBYE, MY BROTHER  by John Cheever  /  THE LITTLE WILLOW by France Tower
本当に小説と注釈が掲載されているだけ。レポートの課題は名詞句と名詞節、形容詞句と形容詞節の種類や働きをまとめよってのなので、これは持ってる文法書やネットで調べた。あとは、小説の中から文章を抜き出して、五文型のうちどれにあたるとか、訳を書くとか。でもちゃんと上に上げた句や節を含んでるのにしなさいねってことだ。これはなんとか書けそう。

しかし今回小説読んで思ったのだけど、結構難しいと思う。内容理解は簡単なんだけど、単語が分かんないものばっかり。kindleでくだらない恋愛小説読んでる分にはこんなに単語ばっかり調べないな。

あと、意味合いはわかってるけど、例えば授業で実際に訳しなさいと言われたらどういう日本語を持ってきていいのか分からないなって思えるものも多くて、知ってる単語も意味調べまくっちゃった。gloomy とか、普通だったらどんよりしたげんなりしたかんじみたいな風に思って調べないで通り過ぎちゃうけど、how rude and horrid and gloomy he is, を訳しなさいって授業で言われたら「彼はなんてルーズでホラーで、グルーミィなの?」じゃダメだよね。(−_−#)   意味わかるから趣味で読む分にはこれでどんどん進んじゃうけど、いかんな…と思えて辞書引き回数がめちゃめちゃ多いです。

Let’s have a fabulous morning! なんて、そのままでいいぢゃんか!!どーやって日本語にすんだろ。(ーー;)素敵な朝にしましょう♡ とか? やっぱ日本語と英語って基本違うもんだよな。翻訳家ってスゴイな〜〜。(@_@)

しかし、小説は楽しいよ。
なぜか後ろのTHE LITTLE WILLOW を先に教科書が届いた日に読んで、今GOODBYE を半分くらい終えたところ。GOODBYEの方が少し長いけど文面はとっつきやすい。でもWILLOWの方が話の内容に惹きつけられて途中で止められなかった。

英語IIもね、短編小説が3つあるの。これは現代小説だから英語Iより読みやすそう。あー面白いわ。ただ、これで、試験やレポートができるかどうかは別の話のですが、少なくとも小説の載ってる教科書は、面白いということがわかってよかった。

明日TOEIC受けますが、今日はもうこの後も教科書読も。TOEICはもう今の実力が出るだけよね。でもこの一ヶ月のTOEIC勉強で覚えた単語や読んだ英文、知ったフレーズやルールなんか結構あった。なかなか有意義でした。(⬅︎もう終わった気でいる。(笑))

翌日、学習要覧やらなんやら届く。

昼ごろヤマトで届いて、さんざっぱら読み倒してネットで履修登録と教科書申請してみたところ。

10月入学だと、来年4月以降のスクーリング状況が分からないので、申請するのも難しいよな。

履修登録はマックス48単位らしいので、取れるか取れないかは別にして、マックス申請にしておいた。レポ提出などの仕掛かりがなければ取り消しもできるらしいので。

昨日の夜、卒業までにとらなきゃ行けない授業考えてて、エクセル化してたのが使えた。

しかし教科書の配本申請は年2回まで32単位分とかで、これは来年のスクーリングで変わってくるから22単位分くらいをとりあえず申請してみた。3回目以降は有料なのよ。(´∀`; )

スクーリングにしたら教科書いらない場合もあるみたいだから難しいネ。

私はぼんやりと2単位のものはなるべくレポと科目修得試験(カモ修)にして、4単位のものはレポ2通出+スクーリングにしようかなと思っている。スクーリングは土日や夏期の単発型を予定。

まぁしかし、今恐れてるのが英語学とか英語史ってやつで、文学以外は全然面白そうに思えないからレポやカモ修だけでやれるかなぁという不安もあるけどね。

とにかくレポの書き方を身に付けないといかんな…。

願書送付18日目、帰宅したら学生証が届いていた。

どうも、にちえでございます。

キタ!! 日大から入学許可証と学生証、入学許可に伴う手続きの案内が送られてきました!!!

この資料と合わせて認定単位が…!!

58単位!!体育も2単位オッケー!ホントに英語以外はやらなくて済む!!!!説明会の仮判定と同じ数値でした。ありがとーー!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

124単位取得して卒業まで、残り66単位!がんばるぞい!

しかし、43歳で学生証って何か不思議気分だな…。(´∀`=)

願書送付後10日目

どうも、にちえでございます。

送付後およそ2週間とは聞いているし、学習開始は申し込みから1ヵ月後とも書いてあった。だからまだ何も音沙汰ないのは問題ない。

でも、、、この待ってる間、長い、、、。

学習開始までにやっている事は、図書館で論文の書き方の本を借りてきて読んでいることぐらい。

おそらく日大英文科に入学した後、英語漬けになると言うよりは、レポート漬けの日々になりそうな気がするが、説明会で教科書を見た限りでは英語の小説等、物語がプリントされていて、それはそれは面白そうだった。私は英語で小説を読むのが好きだからね。

レポートばかりの日々でもいいや。教科書はいつでも読める。レポートだってなんだって、英語関連に追いかけられるなら。これからずっと学び続けられるってことを考えると意外と嬉しさに震えている自分もいる。始めてしまったら後は終わりを迎えるだけ。自分の望む終わりに近づけるよう、コツコツ進むだけだ。

勉強時間の確保

18時半には会社出て、晩酌しなければ、1時間くらいは勉強できんだな…。22時過ぎの睡眠を目指しても…。

5時に起きても朝25分英会話やると時間ないんだよな。7時には家出ないとだし、4時半起きだとまた早よ寝るのが厳しいしな〜〜。(ーー;)

7時間寝ないとどーも活動に響くのよ。寝ないでレポとか書ける気しない。

やっぱり晩酌だな、休肝日をあと2日増やすか…。

仕事も忙しくなんないでほしいなぁ〜〜!!頼むワ〜!!

達成に向かう

色んな方のブログを読んで参考にさせて貰ってる。単位の取り方、レポートの書き方などなど。

たまたま見つけたブログで、一年前くらいに通信大学に入学した方の記事が面白かった。入学前から書かれてて、学ぶ前からいろいろ準備を始めてた。

でも、その方のブログ、数ヶ月で記事が終わっている…。もちろん、ブログなんて書いてないで、頑張って勉強を続けているかもしれない。ただ記事の後半は、仕事を優先した結果、ゼンゼン単位が取れてない取れてないって書いてあった…。

コレが、、ナニか…?

続けられなくてやめてしまう感じ…??   なんか、記事を楽しく読んでいたので、かなり寂しくなってしまった。

しかし中には、子育て中で、仕事もしてて、一年から入学して卒業論文書いて卒業してる方もいる。すごいなぁ〜、、、ホントに…。

私、編入じゃなかったら、とてもやろうとは思えなかったな。短大でも出てたことにホントに感謝するわ。

ひとつだけ、自分信じられるのって、ケチなこと。(笑)  これまでも、授業料払ったら休まないでほぼレッスンに出よう!とか、なんとか資格まで取って元取ろう!とか、割とその辺ちゃっかりモノ。

年額納めるんだから、やっぱり達成したいわ。

早く学習スタートしたい…!!でもまずはよし、風呂入ってTOEICだな。

オモシロがる英語

フィリピン人先生のオンラインレッスンをうけている。毎日25分。

英語を口から出すのを日常のことにするにはいい習慣だと思う。

Graveyard shift

   夜勤って意味だそうだ。graveyard って、墓だよね。ホラータイムシフトってことなんかな。フィリピンの英語が話せる高学歴の人はアメリカ企業のコールセンターなんかに勤めて時差の関係から夜勤になることも多いみたい。

Pastime

   最初、past timeかと思ったの。で、意味はhobbyと一緒だと言われた。辞書では娯楽って出てた。なんで過去なの??趣味なら今presentじゃん!って言ったら先生笑ってた。pastじゃない!って。こーゆーくだらない話や小説、ネットの記事から単語はどんどん入ってくる。単語だけ覚えるっていうのはまず無いな。