英語学演習 Y岡先生

Y岡先生の英語学演習に出ました。

2月の一期です。この先生も評判いいですよね。
しかし、わたしは英語学系は好きじゃないです。
それでも、今回の「複文レベルの述部がすぐ分かるようになる」というテーマは、その必要性を感じてたので、期待して出ました。

さて、1日目。

配られた英文。なんか簡単…。
そして、品詞とは~から始まって、主語とは?述部とは?を復習。

なんか、、、最後の授業でまた基礎へ…?みたいな、
先生、細かくて丁寧だけど、ちょっと期待と違うなーってな感じで1週目は終わりました。

2週目初日、つまり3日目。

最終日に試験があって、これは評価の8割。
出席率が2割なので、試験の割合が大きいですよね。
しかし、先生の試験は慣れてないと戸惑う人も多いとのことで、3日目の最初に模擬試験をやってくれました。
これは提出はなくて(つまり評価には一切関係なくて)、試験のあとは解説していただき、本番に備えるというもの。

模擬試験は1時間。
英文は比較的簡単なんだけど、たしかに!!なんか難しい!
1、2日目で先生の授業聞いてるだけだったら、わかった気になってたのに、いざ模擬試験を受けると、半分も取れなかった…!!

そこから、この授業の意図というか、
なんかマスターすべき事がわかって来た感じして、テストの後の解説や、その後の授業でプリント英文の主部述部分解の講義はすごく身になった感じしてきました。
模擬試験やってもらって助かった!( ;∀;)

しかしまぁ、それを3日目に気づいても、あっという間に4日目最終日が来ちゃいますね。
もう終わっちゃうじゃん!(笑)

本番試験は2時間取ってくれてますので、時間は十分足ります。
辞書もPCも、資料も教科書もプリントも全て持ち込み可。
つまり、何を使ってもいいからちゃんと理解できて自分で応用できるか、対応できるかを問われているんです。
先生は最後、試験が終わった後に答案を回収し、その後でテスト問題の解説までしてくれました。
やったらやりっぱなしじゃなくて、ちゃんと身につけてほしい。
授業も聞いただけでわかった気にならないで、定着させてほしいっておっしゃってましたよ。
これははじめてのパターン! でも納得です。

テストの後で先生は、
「今回の授業ではあえて簡単な英文を使いました。読めてる気になっても、本当のいみでは読めていない可能性もあるということを知って欲しかった」
ですって。

ホントだ!納得!

さらにOK先生の時同様、辞書の活用法も教えていただいた感じです。

これから辞書買う人、ジーニアスの第5版と、コロケーションの新編英和活用大辞典(研究社)の入ってるのがよさそうですよ〜。

あと先生に見せてもらった動画!

知ってます?関ジャニさんの、英会話クロニクルというの。
わたし、テレビって朝のニュースしかみないんで、知らなかったんですが、もう涙流してド爆死しました!

https://m.youtube.com/watch?v=9HdjpZ6BJc0

↓これは自分で探して見つけた。(笑)

https://m.youtube.com/watch?v=A-7BFKAPO1c

爆笑!
面白すぎて死ぬ…!笑

いや〜、いろんな意味で、面白い授業でした。