卒論完成までのスケジュール(私の場合)

私は2019年9月卒業目標です。
2019年6月、卒論提出してきました~!!!

さて、ここまでの私の取り組みと日程を以下に簡単にまとめます。
とある1生徒の卒論作成のスケジュール感をご覧ください。

—–
 2017年10月 卒論手帳を買う。
 2017年10月 予約不要の「卒論一般指導」に出席する。
 2018年02月 一般指導の先生に、考えている作品について質問。
 2018年05月 作品を決め、一般指導の先生が
        ご専門の先生をご紹介くださる。
        この時点で一般指導が終了した模様。
 2018年05月 ご担当の先生による指導スタート。
        ①論文のタイトル
        ②作品を選んだ理由
        ③卒論で論じたいこと を書くように言われる。
 2018年08月 上記、記入して提出。
 2018年08月 先生より、③についてう少し具体的に書く様に言われる。
 2018年11月 ③を修正し、提出。
        この際、先生にメールでやり取りさせて頂けないか伺う。
 2018年11月 先生より③のOKをいただく。
        次に、「章立て」を考えるように言われる。
        3~4つの章を作り、各章にタイトルをつけ
        各々の章で論じたいことを書くようにとのこと。
 2019年01月 「章立て」をメールにて提出。
 2019年01月 先生より、修正した方がよい箇所のご指導。
        論点がずれそうな箇所についてのご指摘や、
        細かい書き方についてなど。
 2019年01月 再提出。
 2019年01月 先生よりOKいただく。序論完成。
        (「序論」とは、作品を選んだ理由、卒論で論じたいこと
         章立ての3つからなる。)
        1章目、何枚か書いてみるようご指示あり。
 2019年01月 第1章の1節を書いて提出。
 2019年02月 先生より基本的な書き方はOK頂けたが、意味が分かり辛い点や
        テキストを引用した方がいい箇所などのご指摘あり。
 2019年02月 1章1節の修正したものと、2節、3節も書いて提出。
 2019年03月 先生より、意味が分かりづらい点についてご指摘あり。
        また、各章ごとにまとめが必要で、各章はひとつの小さな論文
        と考えるようにと言われる。
        本文を見ていただいてご指導いただく形は1章のみで、
        後は部分的に質問があれば連絡してもよいとのこと。
 2019年04月 第2章(全4節からなる) 書き上げる。
        先生にいくつか質問し、ご回答いただくなどやり取りあり。
 2019年05月 第3章(全4節からなる)と結論 書き上げる。
        何度も読み直し、調整する。
 2019年05月 先生に手帳に提出許可のサインをいただくため、手帳を送る。
 2019年05月 先生より提出許可いただく。
 2019年05月 卒業関連の資料が届く。(論文に貼るラベルなど)
 2019年05月 製本用のバインダー購入。
 2019年06月 卒論提出。
—–

こう見ますと、先生はすごくかっちりと
短い期間でお返事くださってることが分かります。

私は、特に2018年のあたりは、まだ他の科目の単位を取るための
授業を受けていたので、その間はまったく着手できなかったりして
お返事が空いた期間が結構あります。

2018年の11月くらいからコンスタントに動けてますが、
実際に本文を書いたのは1月からです。
2月の前半に1章を書き上げた後、
予定では3月に2章、4月に3章まで書いて仕上げ、
5月は調整期間と思っていたのですが、
2章で何を書いていいのかわからなくなってしまい、
結構苦心しました。

それでも一通り仕上がったのは5月前半くらいで、
その後は5月いっぱいずっと何度も読み直しては文面を直してました。
この、読み直しと調整期間はすごく重要でした。
書きあがったと思っても、読み返すとこれは意味が分からないな
と思う箇所が結構出てきます。
5月中旬から下旬にかけての修正で、だいぶ”まともな”文面に
なった気がしますので、この期間がないまま「できた!」と思って
提出していたら、読み返した際に冷や汗大量だったと思います。

いや、今もまだ提出しただけなので、
どんなもんかわかりませんが、自分が書けるレベルの
もうここまででしょう…。にはなってる気がするので
すっきりした気持ちで提出できました。

次回以降は、卒論制作の各フェーズにおいて、
細かい点を書いていきます。