序論 – 前半

私の卒論を担当くださる先生が決まり、個別指導に入った時、最初に先生から以下を書いて提出するように言われました。

①論文のタイトル(仮でよい)
②作品を選んだ理由
③卒論で書きたいこと

わたし、これって自己紹介じゃないですけど、新しく担当くださることが決まった先生に、私こんなヤツですってちょっとした説明で送るもんなんかなと思ったんです。

そこでWORDに、この作品を初めて読んだのは〜から、今回卒論にどうかと思って読み返したら〜とか、登場人物の心理描写が〜とか、テレテレと作品との馴れ初めやらなんやらを書き込んで送りました。

ですがこの、「選んだ理由」や「卒論で書きたいこと」ってのも、既に卒論の中の一部だったんですよ〜!!

 

普通にデスマス調で書いてたんですが、これを書いた後に修正のご指示はいただきつつ対応してどんどん進み、章立ても仕上げてOK頂いたら、「序論完成です」とか言われて大層驚きました!え、これも本文なの??と。(笑)

もちろんこの後で、である調に直して卒論らしくしたのはいうまでもありません。(笑)

 

 

さて、序論です。 卒論は序論、本論、結論の3つから成ります。ここ、読んでください。で、序論ってのは、この論文で何について書きますよーってやつですね。これ、こちらの記事で書いた、「A=Cである」のことと思っていいと思います。先生に書いてくださいと言われた 「③卒論で書きたいこと」 が、もろにそれですね。

先生のご指示では、「②その作品を選んだ理由」 も書くように言われていますが、序論には、どうしてそれを取り上げるに至ったかも含め、その作品の何について書きたいのかを、まず宣言するんですね。書きたい事=結論と考えてよいようです。序論でこの論文はこれについて書く!と宣言し、本論で根拠オンパレードをやって、最後に結論でふたたび、だからA=Cなんだ!をやるわけです。

①のタイトルは悩む方も多いかもしれませんが、②は、結構すんなり書けるのではないかなと思います。だって、作品が決定してるという事は、どうしてその作品を選んだかの理由がもんやりでもおありのはずですものね。

 

ただ、「③卒論で書きたいこと」は、具体的に書くように言われました。この時点ではまだ「A=Cだ!」を何にするかをはっきり決まってない方も多いとは思うのですが、ここを少し具体的に考えてみると、あなたの「A=Cだ!」が少し見えてくるかもしれません。

例えばですね。仮にシェイクスピアの『オセロ』で書くとして、デズデモーナって悲惨よね~。いい家に生まれて美人でいくらでも結婚相手なんているのに、オセロを選んだばっかりに殺されるなんて。この人のこの物語における役割って何なんだろ…。これについて書きたいな〜と思ったとします。で、この序論で、「デズデモーナについて書きたいです♡」みたいなサラっとした感じじゃなく、もう少し突っ込んで考えてみるってことです。(というか、この例えはサラッとしすぎだなw)

私、『オセロ』で書いたわけじゃないのでちょっとステキな例が出せるか、しかも例として皆さんがお読みになるのに大丈夫なのか甚だ不安ですが、よく『オセロ』について書かれたブログ記事とか読むと、オセロは元々ムーア人であることからコンプレックスがあって、美しい妻を持つことに誇りはありつつ常に不安や嫉妬もあり、イアーゴはそこを言葉巧みに突いたなんて言われてますよね?(ネットでググってみてください) このオセロの嫉妬を駆り立てる役割をデズデモーナがどう担ったのかなどは、物語の進行と同時に、キャラクター設定や各場面等で洗い出して、論じていくことができると思うのです。また、それを代表する場面なんかもあるはずです。更には嫉妬について書かれた心理学の先生の本なんかも読むとヒントがあるかもしれません。そういうのを絡めて、デズデモーナの役割を論じたいな…と少し見えてくるかもしれないですよね。「③卒論で論じたいこと」には、そのくらいあたりまで書いた方がよいということみたいなのです。(たぶんね、たぶん。なんか偉そうに書いてて本当なのか段々心配になって来たわ…汗)

でも少なくとも私の場合、先生からのご指摘を受けて、そのくらいまでは書きました。でも、ここまでどんなふうに何を論じたいかを具体的に書ければ、章立ても結構見えて来ますし、論拠探しのやるべき事も見えて来るように思えます。

序論を書くに至るまでには少なくとも2、3回くらいは作品を読んで、気にかかるところを付箋なんか貼っておいてほしいのですが、その中で気にかかる場所や重要な場面だと思える箇所って色々あるはずなので、そのあたりを大いに使って考えてみるとよいのではないでしょうか?

 

ただですね。卒論の一筋縄ではいかないところは、最初はそう思ってたけど、書き進めるうちに違う見解が出てきた…最終的に言いたいことはこれじゃなくなった…なんかもあると思うんですよね。そうしたらそこは戻ってまた修正してくださいね。

私も、先生に「序論OKです」と言われたものと、最終的に提出したものは違ってますので…。

 さて、序論にはこの後、章立てが入ってきます。章立てについてはまた別途、後半で書きますね。

 

それからですね、ご注意いただきたい点が一点、、、、私の記事や世の中の卒論について書かれたものを読んで参考にするのはいいと思うのですが、一番大事なことは担当の先生のご指示に従うことです。疑問は必ず先生に聞き、そのご指示に合わせてください。卒論の目的は「卒業するため」であり、「単位を取るため」です。ほかの誰かの書いた記事の通りにしたところで、その人は単位をくれません!単位をくれるのは担当の先生です。そこを間違えないでくださいね~。

 

 

 

卒論:一般・個別・専門指導

こんにちは、日大で出会った友達と南の島でチャラチャラしてきました、にちえ です。
(友達はガチで潜っていますが、私はチャラついておりました(笑))

さて、卒論には「一般指導」「個別指導」「専門指導」と3つの指導があり、専門指導は卒論提出の半年前には入っていないといけません。(6月提出の方は、前年12月初旬まで。詳細日程はご自分でご確認ください)

この3つの指導、何が違うんだろ…と思う方もいらっしゃると思いますので、こんな感じだったを書いときます。(実は一部は私も区別がよくわからないんだけど…)

まず日大には、卒論の一般指導の先生という方々が(おそらく)3名いらっしゃいます。このお三方は卒業式にもいらして、日大通信英文のメインの先生方なんですね。

このお三方のうち、文学で書きたいならI先生、英語学や英語教育とかならM先生とO先生なのでしょうか?(すみません、語学と教育はさっぱりわかんないので、このお二人に教育ならこっちの先生だよなど、担当がおありでしたら教えてください!)

「一般指導」はとにかく導入です。何について書くのかが決まってなくても、とりあえず、文学か英語学か教育かだけでもざっくり決めて、各担当の一般指導の先生の下へ相談に行ってください。どういう風にテーマを見つければいいのか、本を紹介されたり、資料をもらえたりします。

先生の一般指導は時々、申し込み不要で市ヶ谷の校舎で開催されたりしています。遠方の方でも、夏期スクなどで東京にいらっしゃる場合は、夏期スク期間中に開催されてもいるようですのでぜひ参加してみてください。それでも参加できそうにない方は、まず「卒論手帳」を買って、初めてでさっぱりわかりません!とでも書いて郵送で泣きついてみてください。(笑)

「一般指導」は、テーマを決めて担当してくださる先生が決まるまでです。この後、テーマ確定後に一般指導の先生がそのまま担当くださって個別指導に入ることもあります。(ちなみに文学の場合、ここで言ってるテーマは作品決定レベルです。語学の方は、助詞について、冠詞について書くなどがざっくり決まったレベルですかね?私の場合は一般指導の先生に「この作品について書きたいです!」だけ書いて送り、担当くださる先生をご紹介いただきました)

 

で、よくわかんないのがですね、「個別指導」と「専門指導」です。

私の場合、手帳を確認しますと、「序論」作成中に専門指導へのハンコが押されていました。序論が完成してから専門指導へではなく、「序論の途中」でした。

おそらくなんですが、文学だと、作品は決めたものの、論文として何について書くかがぼんやりしている場合は、個別指導で先生とそれを明らかにしていくのかなと思えます。

また後日書こうとは思うのですが、卒論の「序論」とは、「こういうことについて書きます~」と宣言する部分です。つまり、作品を決めてそれについて何を書くのかをざっくり決めてないと序論が書けないのです。そこで取り扱い作品(題材)の論文テーマ(論旨)についてご指導いただけるのが「個別指導」なのかなと思えました。

 

それ以降から完成までが「専門指導」です。

この専門指導に入った時点で、先生に題材とテーマにある程度OKいただけたということです。卒論提出の半年前までに専門指導に入っていないといけないということは「題材とテーマが決まっていないといけない」ってことのようですね。

そんなこんなの指導3種の違いは何ぞやでした。もし私はそうじゃなかった!などありましたら教えていただけると嬉しいです♡