英作文Ⅱ カモ修

2018年4月に受けました。
私としてはこれでカモ修は最後のつもりです。
(急にスク出られなくなって、カモ修で
どうにかしなきゃいけない!などとならない限り)

さて、先日のレポの書き方の通り(←こちらまだお読みじゃない方、この記事を先に読んでいただいた方が分かりやすいかもしれません)なんですが、
とにかく以下の形を守って書くこと

①宣言
②理由1
③理由2
④理由3
⑤結論

をなんとかするために、過去問を4年くらい用意して準備を始めました。

レポの記事でも書きましたけど、お題に対してネタを考えるのが大変なんです。
つまり、英語以前です。

過去問、ざっくり挙げるとこんな感じ。

The internet
Sport
Marriage
how to study English
Television
Japanese festival
Bad habit
English education in Japan
Money
Traveling
hobbies
Japanese food
Lifestyle Choices
Shopping
Career planning
Exercise
Media
Traveling in Japan

これ、全部自分の考えとその理由、ぱっと出ます?
いざ考えると結構大変なんですよ。

なので、これを一通り日本語で考えてみたんです。
例えば やりやすかったのが 「Marriage」

一例で、こんな感じ。

①現在は未婚率が上がってるっていうけど当たり前だよね
昔と今じゃ結婚の在り方そのものが違うんだもの。
②だってその理由の1つ目はね、昔は結婚はするかしないかじゃなくて
同等の家柄の適した年齢の男女がすべきものだったのだし
しないという選択肢事体が通常はなかったんだもの。
③そして2つ目にはね、「すべきもの」だからこそ
親族や近所などの周辺の人々から、一定の年齢になると
結婚話を持って来られることも多かったわけよ。
ほっとけるわけないから周りがじゃんじゃかうるさいのね。
④最後に3つ目はね、女性は特に生活の為に結婚をする必要があったわけで、
自分の意志で決めるというより、周囲のすすめと社会的な釣りあいで
相手が決まったわけなのよ。だから恋愛感情が沸かないだので
ごのごの言ってる余裕もないの。
⑤そういう理由で昔は結婚率が高かったのよ。
でもこれに比べて現代は女性も自分で稼げるし、
好きな相手を選ぶこともできる。
また、以前は利点であった男性側の養っていくことも
現代では難しいし、男性側にだってリスクになっちゃうわよね。
そこで結婚には恋愛感情が必要となるが、実は家柄の結びつきより
恋愛感情の結びつきの方が難しいのよ~。
そりゃ未婚率も上昇するわよね。

ちなみに、上記はあくまでそのエッセイ上の意見であって
それが多少事実に反してようが構わないんですわ。
とにかくこの5つのパラグラフの形になっていることが重要なんです。
(そして何故おねぇ言葉なのかというと、この方が
意見を書き進めやすいんです。(笑))

で、ここまでできれば後は
未婚率 とか、 養う とかの単語を抑えて、次の過去問へ
と、どんどん進めました。
あとはこれでいくつか言い回しを覚えれば、何とか書けるだろ~!
合格ぐらいはくれるだろ~!! と。

が、、、今回ね、
私は2018年4月に受けたんですけど、
過去問を見ているうちに気づいたんです。

今までは
同じお題が繰り返して出るのが常でした。
英作Ⅰもそうだった。

しかし、、、2017年の12月だけ
まったく過去4年間にないお題が出てたんです。

それが以下・・・

Dieting
my favorite holiday

これに気づいて急にやる気が無くなりました…。
2017年12月からってことは、その次である 2018年4月も
過去問とは全く違うものが出るってことでしょ?と・・・・。

それに過去問でもネタを絞りだせないのもあった。
夏祭り、キャリアプランニング あたりが出てこないんです。
(これね、②~④を理由1,2,3じゃないエッセイ型にすれば
書けるのかもしれないんですけど、フォーマットを変える方が
私には危険で、こうなると難しかった。
今思えば、もっと頭を柔らかくして
①宣言 夏祭りには苦い思い出がよみがえる
理由① 浴衣を汚して怒られた。
理由② 金魚すくいで1匹も取れたことがない。
理由③ 踊りが分からなくて恥かいた
⑤結論 だから嫌いなのだ。とかでも良かったんだよなと思えた…。
5パラグラフエッセイって、本当は I(私は) で
文を始めない方がいいらしいんだけど、でも上記の形にすれば
一応フォーマットに沿ってるよなと思えるんですよ…。
実際、本番のテストでも結論の文章を引き延ばすために
I使っちゃいましたけど大丈夫でしたもの!!
ちなみに、
言っておきますが、夏祭りの上記はフィクションですよ(笑)。)

なので、やりやすいお題はがんばって、あとは結構適当にやりながら、
もう当日のいちかばちかしかないよな~と思って、テストの日を迎えました。。。

が、結論からいうと

2018年4月のお題は

Money と
Carrier planningで

過去4年間の過去問とかぶってくれた内容でした。

Moneyで何とか書け、Aを貰えました。
お粗末な英語でも、フォーマットさえちゃんとしてれば
評価くれるということだと思います。

しかしな~、この12月のお題、なんだったんだろ…。
こわ、、、
よかった12月のを受けなくて・・・( ´∀` )

カモ修 スピーチコミュニケーションI

思い起こせば、初めて出席したスクで、隣になった方が言ってたんですよ。どの科目が単位取りやすくてどの科目が難しいかなんて教えてくれてた時に、「スピーチコミュニケーションとか、楽勝(笑)」って。

楽勝だったらお金掛けずにカモ修だな、とは思いますが、いい成績欲しいんですよ〜〜わたし…。なので一応対策しましたよー。

まずですね、過去問見てください。3年くらい。4年見れば十分。

ほら、おんなじ課題が繰り返し出てますね。なので4年分過去問見ても、重複分除いて、前回出題されたものは出ないと見なすと、大体試験7回分くらいがカバー対象でした。

そのうちね、似てるものもある。「朝起きて歯が痛いから歯医者行く」とか、「歯医者じゃなくて病院」とか。「カフェでオーダー」か「レストラン」か、とか。「空港で迷った」のか「街で迷ったのか」、「電話掛かって来たけどいなかったから代わりに出た」や、「掛けたのに相手がいなくて代わりにお家の人が出てくれた」など。なので、共通した言い回しをざっくり押さえておいたら完璧ですよ。

後は単語。歯医者なら「虫歯」ってなんて言うんだっけ?が分かると歯医者らしい会話になるし、「麻酔」とかも覚えといたから今回使えたなぁ。これ出たんですよ。

後、「日光に行こうと誘う」とかの課題もあったんで、日光についても調べといたな。2つの神社と1つのお寺の中に103もの建造物がある世界遺産で、400年前に家康によって建立された—みたいなことを英語で書けるようにしといた。こういうのは実際に外国人相手に使えそうだからいいね。

「犬を飼いたいけど、相手が嫌がってる」なんてシチュエーションには、でも番犬になるわよ!なんて言うので「番犬」ってなんじゃろ?とか。

あとは、レンタカー借りるシーン、車の種類挙げといた。SUV, セダン、コンバーチブルとかね。あんまり詳しくないので、ここも使えたわ。

それから、お母さん同士で子供のはなしするシーンとかあったなぁ。子供いないんで多分テスト時間にいきなり思いつくのも難しそうだからこれもある程度考えといた。

ここまで押さえましたもの。当然Sですわよ。ほほほ。楽勝なら楽勝なりに、良い成績を狙いに行くのでした…。

英作文Ⅰ 科目習得試験

今回は1科目だけ「英作文Ⅰ」を受けてきました。結果はまだわかりませんが、一通り書けたので、合格はさせてもらえるんじゃないかなぁ・・・。

私が行った対策は、まず教科書にあるイディオムを全部エクセルに打ち込んで、この中から過去問に出たことあるものをチェックして、その出題回数が多いものから中心に対策していった。

今回平成29年の1回を受験したのですが、過去問は25年~28年まで4年分みたかな。
過去出題が5、4、3回あったものは自分で文章を作ってフィリピン人のオンラインの先生に添削してもらい、何度もそれをチェックして丸暗記できるよう努力した。出題実績が2、1回のは文を作るまではしなかったけど、意味と例文で使い方を抑えるようにしといた。そして出題がなかったやつも意味と使い方は分かるように頑張ってみましたが、ここは結構あやふやなまま試験を受けました。でも結局、私が抑えた過去問の出題実績のなかったものは出なかったです。
おそらく過去問は4年分くらいを出題実績の高いものから中心におさえておけば大丈夫でないのかな?と思える内容でした。

追記 : この方法で S 取れました!

関係ありませんが、解答用紙に答えを書いた後、自分で答え合わせもしたかったので、せっせと問題用紙に解答を書き写していたら、試験監の先生にめっちゃ立ち止まってじーっと見られてました。顔上げて「答え合わせに使いたいんです」と言おうかと思ったけど、止めといたらしばらくしたら居なくなってくれた…(笑)
もひとつ関係ありませんが、この対策で覚えた take over 、さっそく昨日ネイティブの友達相手につかえた。いや~やってる勉強が実践に直結するのってホントうれしいわ。

初カモシュウ、終了!英語I、II

終わったぁ〜!

スク終わった時もそうだったけど、やっぱ晴れ晴れしい気持ちになりますね〜。(*´ー`)ゞ     この感覚、癖になりそ。(笑)

しかし、英語Iは、レポ帰ってきてまちがってたとこ、今度は間違えないぞ!と思ってまた間違えた。何してんだ〜〜!・°°・(>_<)・°°・。

どーも、5文型と4文型間違っちゃうんだよな。made me dinner が4で、made me laughが5って分かってんのに!!tell やtold だと、伝える内容が最初の目的語である人物の内容だったりすると、o1=o2が成り立っちゃうからすぐo cかと思っちゃうんだよぅ〜〜!バカバカ!(>_<)

でも、2問目の形式変えて穴埋めは7問全部出来てた!嬉し〜(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

英語IIも3問目の穴埋めは全問ok。どちらかというと、IIの方がよくできたかも。まぁ、IIはまだレポ合格したか否か分かんないんだけどね。

でも恐らく大丈夫じゃないかなぁ、両方とも…。

英語IとIIは、ちゃんと教科書全部読んで内容把握してれば、十分合格圏内に行けると思われる…って、落ちてたら笑えませんが!

さっき図書館で次の文献借りてきた!年末年始もレポ頑張るぞ!

しかし、今日はDVD見て晩酌楽しむんだぁ!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

●試験は科目ごとでなく学籍番号で教室が決まる。配られた答案には他の科目も入ってたので、該当するものだけを答える。問題用紙は持ち帰れる。

●名前はボールペンで書くので、ボールペンを忘れないこと!回答はシャーペンok

●試験開始の10分前に着席してること。説明が始まる。

●試験と試験と間が空く場合、8階のラウンジ他、各階の空いた教室も自習室として開放されていた。