卒論:一般・個別・専門指導

こんにちは、日大で出会った友達と南の島でチャラチャラしてきました、にちえ です。
(友達はガチで潜っていますが、私はチャラついておりました(笑))

さて、卒論には「一般指導」「個別指導」「専門指導」と3つの指導があり、専門指導は卒論提出の半年前には入っていないといけません。(6月提出の方は、前年12月初旬まで。詳細日程はご自分でご確認ください)

この3つの指導、何が違うんだろ…と思う方もいらっしゃると思いますので、こんな感じだったを書いときます。(実は一部は私も区別がよくわからないんだけど…)

まず日大には、卒論の一般指導の先生という方々が(おそらく)3名いらっしゃいます。このお三方は卒業式にもいらして、日大通信英文のメインの先生方なんですね。

このお三方のうち、文学で書きたいならI先生、英語学や英語教育とかならM先生とO先生なのでしょうか?(すみません、語学と教育はさっぱりわかんないので、このお二人に教育ならこっちの先生だよなど、担当がおありでしたら教えてください!)

「一般指導」はとにかく導入です。何について書くのかが決まってなくても、とりあえず、文学か英語学か教育かだけでもざっくり決めて、各担当の一般指導の先生の下へ相談に行ってください。どういう風にテーマを見つければいいのか、本を紹介されたり、資料をもらえたりします。

先生の一般指導は時々、申し込み不要で市ヶ谷の校舎で開催されたりしています。遠方の方でも、夏期スクなどで東京にいらっしゃる場合は、夏期スク期間中に開催されてもいるようですのでぜひ参加してみてください。それでも参加できそうにない方は、まず「卒論手帳」を買って、初めてでさっぱりわかりません!とでも書いて郵送で泣きついてみてください。(笑)

「一般指導」は、テーマを決めて担当してくださる先生が決まるまでです。この後、テーマ確定後に一般指導の先生がそのまま担当くださって個別指導に入ることもあります。(ちなみに文学の場合、ここで言ってるテーマは作品決定レベルです。語学の方は、助詞について、冠詞について書くなどがざっくり決まったレベルですかね?私の場合は一般指導の先生に「この作品について書きたいです!」だけ書いて送り、担当くださる先生をご紹介いただきました)

 

で、よくわかんないのがですね、「個別指導」と「専門指導」です。

私の場合、手帳を確認しますと、「序論」作成中に専門指導へのハンコが押されていました。序論が完成してから専門指導へではなく、「序論の途中」でした。

おそらくなんですが、文学だと、作品は決めたものの、論文として何について書くかがぼんやりしている場合は、個別指導で先生とそれを明らかにしていくのかなと思えます。

また後日書こうとは思うのですが、卒論の「序論」とは、「こういうことについて書きます~」と宣言する部分です。つまり、作品を決めてそれについて何を書くのかをざっくり決めてないと序論が書けないのです。そこで取り扱い作品(題材)の論文テーマ(論旨)についてご指導いただけるのが「個別指導」なのかなと思えました。

 

それ以降から完成までが「専門指導」です。

この専門指導に入った時点で、先生に題材とテーマにある程度OKいただけたということです。卒論提出の半年前までに専門指導に入っていないといけないということは「題材とテーマが決まっていないといけない」ってことのようですね。

そんなこんなの指導3種の違いは何ぞやでした。もし私はそうじゃなかった!などありましたら教えていただけると嬉しいです♡

編入の場合、どのくらいで卒業できそうか?

私はレギュラーワーカーの子無し独身ですが、計画通り3年で卒業できました。

でも今思うに、それほど無理せずとも2年半では行けると思います。
最後の半年は卒論しかしてないし、6~9月は何にもしてないですもの~!!!

さて、条件は以下

●土日が休みである。(単発スクは土日に多い)
●夏休みを取って夏スクに出れる。(2期分くらい)
●GWもスクに出れる。(どっちか1期)
●土日や連休、年末年始の休みはレポート作成に時間を取れる。

上記の条件があれば、
2年半で行けると思います。

で、上記条件に加えて、

●仕事以外の時間はほぼ日大の勉強に充て、
●GWも1,2期両方スクに出て
●夏期も4期分くらいはスクに出て
●2月のスクも1,2期全部出る(つまり1か月間土日ずっとスク!)

などをやると、2年で卒業できると思います。
実際、2年で出ることを目指している方に会ったことがあり
その方も正規で働いてらしたみたいですが、
すげ~詰込み具合でした。

私と同じ進捗の方は
正規社員ではなかったですが、皆さん結構事情を抱えていたものの
主体的に動いていらした方々で、だいたい2年半で出てましたよ。

私は日大以外にも趣味でやっていることがあり、
これはいずれ講師になれるかもしれないので辞めたくないため
2年じゃ無理だなと3年で計画したのです。
私、計画立てて遂行するのが得意な方なんですが、
ほとんど入学前にエクセルで計画した予定通りに
単位取って卒業してます。

で、ここからが、人によっては うそ!!! と
思われるかもしれませんが、

2年では無理となると
じゃ、3年でと思うじゃないですが?
年間費用で1年分かかっちゃうんだし…。

だもんで3年で計画したんですよ。

が、どうやら、
2年半で卒業すると、
半年分の授業料、戻ってくるらしいです~!!!!!!!

これを知った時には
すでに計画変更には遅くって
今から卒論を半年前倒しは厳しいな…って時だったので
結局3年掛けましたが、もっと早く知ってたら
絶対詰め込みましたね!

何度も言いますが、残り半年、卒論しかやってませんし
最後の3か月何もしてませんもの~!!!

というわけで、
上記の条件に見合う方は、2年半で卒業を計画するのが
良いのではないでしょうか?

まぁもちろん、上記に加えて
お住まいの地域や、レポート作成にどれくらいで慣れるか、
レポ+スクじゃなくて、カモ修メインの場合は?など
いろいろ状況違いや関係してくる内容でも
異なってくるかもしれませんけれども、
私のやり方の感覚では、最短2年半が現実的だと思います!

追記:

あ、しかしですね、私は教職は取ってませんので
この関係は分からないです。すみません~。

おんなじ進捗の方で、友達の友達くらいの位置に
ひとりだけ教職取ってる方がいましたが、
その方も2年だか2年半だかで出てます。
夏スクは5期ほぼ出てらした気がするな…。
この方は卒業+教職だったので、卒論も書いてらした。
ただ正規のお勤めの方じゃなかったと思うので
相当な時間を日大通信に充ててらしたと思います。

卒業不要の方はまた違ってくるかもしれませんが
英文はなんせ、卒論が結構高い壁ですのでね、
とにかく1年目にレポ書きまくって併用で詰め詰めで単位取って
2年間かなり相当集中して取り組む必要はあると思います。

卒業が決まりました!

本日仕事から帰宅したら、日大から書類が届いていました!

要件充足し、卒業が決定しましたって!!!

やったーーー!!!

しかしまだ、サイトにログインしても卒論の評価は反映されてないんですが…。

卒論評価、本日時点でまだ見れないのに、9月末でサイトにはログインできなくなるみたいですが…

(゚´Д`゚)゚。

でもなんか、9月卒じゃなくて、10月卒みたいな感じになってますな。通知は9月の本当に後半だし、卒業式は10月だそうですし…。

卒業式、どうしようかな〜。せっかくだから行ってみようかな〜と思うんだけど、一緒に進捗してた友達たち、半年前に出ちゃってるんですよね…。1人じゃさみしいわ。

でも授業であったことある人たちとかに出くわしたりするかなぁ…。

あーだけど何にせよ、夢の大卒♡

いやー、この夢のってのがね、ふつうに大学出てる方には分かんないと思いますが、これまでの人生、ずーーーーっと短大卒でしたので、やっぱ憧れてましたよ!しかもわたし、何故かやたらとまわりに高学歴が多いので、せめて4大卒くらいにはなっときたかった!でもなったらなったで、次はレベル比較で凹むのか?(笑)

ま、大卒つっても日大ですしね。でも、いんです!むしろ、普通に20代で卒業するよりよくやった!あたし!!

さ!卒業が決まったので、成績のこととか、少し抑えてたこと、もちっと色々書きますよ〜!(^-^)

文学の卒論のテーマの決め方

卒論のテーマの決め方って、いろいろ本が出てますよね。
ネットとかでも読める記事があります。

一般指導に出席した際も、I先生が『勝つための論文の書き方』鹿島 茂(文春新書)という本を紹介してくださいました。

ただ、これらを読んでも、なんとなく、で、「文学の場合」だとどうなるんだろう...という感覚がぬぐえませんでした。

「作品を決めなさい」は分かるんですが、作品を決めたうえで何を書きたいのかがはっきりしないと、章立てができませんものね。

一冊読んだ本で、『英米小説でレポート・卒論ライティング術』小野-俊太郎 ってのがよかったです。
小説を読む際に、どういうところに着目してテーマを考えればいいのかのヒントにはなるかもしれません。

まだ何にも決めてない、まっさらな時は読んでみるとよいかも・・・。

あと、先輩がたの卒論です。

市ヶ谷の校舎の1Fに入学課さんっていうんですかね?
相談できる窓口がありますよね?エレベータの近くに…。

あそこで、卒業生の卒論を見せてほしいんですが…ってお願いすると、見せてもらえます。

だいぶ古い時代のものですよ~とおっしゃっていて、書式とか、章立ての形とかが今と少し違うようなのですが、1作品選んだあと、どういう風に書いていけばいいのかのヒントにはなります。

例えば、ある方は、ジェーンオースティンの『高慢と偏見』で書いてましたが、物語に出てくる「手紙」に着目し、各手紙の持つ役割について論じてらしたんです。
これだけでも、は~なるほど~、、、、こうやってテーマを絞るのか~と思えました。

あと、あんまり覚えてないですが、『ジェイン・エア』で書いてる方は、確か、当時の女性が働くことということをいろいろ調べてらして、それと主人公や作家自身が家庭教師として働いていたこと や、最終的な主人公の「自立」についてなんて書いてらしたかな?あと宗教もからめてあったような...(ちょっとうる覚えですみません)

もちろん、英語教育や英語学について書かれたものもありましたので、テーマ決めに困っている方は、先輩方の卒論を少し見せて頂くと、何らかのヒントになると思います。

卒業手続き

わたしは2019年の9月に卒業したいと思っています。

2018年の7月ごろに卒業希望申請を出しました。

すると、2019年3月、以下のような書類が届きます。こちらに、名前や保証人名(入学時とは違う人でもよいそうです)を書いて、卒業までの残り必要単位はいつの授業等で取得を予定してるか記入します。

単位のことですが、卒業までに124単位必要とは言っても、外国語科目でいくつ、総合科目でいくつ、必須科目でいくつと、取らなければ行けない単位はカテゴリごとに決まってますよね?

友達で、本当は外国語科目であと2単位必要だったのに、スピーチコミュニケーションの2を取って、違ってた!!と言ってた方がいたのですが、間違えて卒業が延びては大変ですから、しっかり抑える必要があります。

これは、web画面にログインして、単位照合票を打ち出すとわかるようになっています。

以下のわたしの票ですと、下部の集計欄でまるで囲まれたところが足りない部分です。卒業不足単位数って書いてありますよね?

表の一行目に、科目分類ってありますけども、この[2]って言うのは、外国語科目です。ここで、わたしはまだ2単位足りません。(TOEICで単位申請中です)あと、8っていうのは、卒論です!!!

先の友達、なんと教務課さんに電話で聞いて、スピコミュでもいいって言われたのに〜!!!と怒ってましたが、時々教務課さんが教えてくれたのに、あれ?、、、ってこともあるので、単位に関してはこの照合票を重視した方が良さそうです。

インターネットからいつでもダウンロードできますよ。(^-^)

さて、今佳境に入ろうとしている(?)卒論ですが、これに関してはいずれ細かく書きたいと思っています。
なんのかんのやっぱり楽じゃないですし、分からない事が多くて不安な方も少なくないと思いますので。

何とか9月に卒業したいです~!!

卒論 一般指導1回目

卒論指導手帳を買いましたところ、10月後半の夜間に自由参加の卒論指導があったので、仕事を早めに切り上げて出席してみました。

私は文学で書くつもりなので、まずはI先生。参加者は10人も居ませんでした。しかし、主に参加されてた方々は、通学の方々で、まだ学年的には2年生とかなのに、もうしっかり卒論を意識してることを知って驚いた!ここが通学と単発スク出席者のちがいですな〜。編入で単発スクがメインの方々は、3年でも卒論の事なんて全然考えてない人多いと思うのよ、私含めてね。だって3年とはいえ、入学一年生みたいなもんですからね、卒論以前に単位の取り方が分かんないし!(笑)

でも通学の人は入ってくる情報量が違うんでしょうねぇ。卒論指導も数回目という形も居て、その温度差に少し驚きましたわよ。

第一回は卒論とはなんぞや的な資料や、作品を選択するにあたって、みたいなことを教えてもらえました。つまり、本をよく読んで研究したい作品を探しなさいって事です。

私はジェーンオースティンが好きなので彼女の作品がいいのだけど、好きであることと論文が書けるか否かは異なると思うのでまだ考えてると先生に言ってみたのですが、先生は好きじゃないと書けないよと仰って下さったものの、ただその人の英語は難しいよー、私も前に「分別と多感」を読んだけど何書いてあるかさっぱり分からなかったよと言われて、散りました…。先生が読めない英語が読めるかぁーーー!!!

原文で英語を読む事を頑張らないといけませんので、次第に、なるべく現代英語に近いもので、暗くない面白そうなもの…と思いましたら、アメリカ人作家にしようかなぁと思い始めたところです。

卒論指導手帳購入と初回一般指導は、卒業を考えてる方は、入学直後に行ってもまったく問題ありません!むしろ編入生は行くべきー!

卒論と卒業までの手続きのことなど

一年経ったので、卒論のことを考え出した。
いや、まだまだだと思っていたのですが、
スクーリングに出ると結構話題に上がるんですよ、
もうなんかしてる?って。
それで、「卒論指導手帳」なるものは
買っといたほうがいいだろうと思い、
更新手続き(※↓)の際に買ってみた。

卒業を考えるなら、これ早めに買っておいた方がよさそうです!
なんとまたトラップがあった。
卒論は卒業月の3か月前くらいには提出してないと行けないし
卒論の専門指導は初回が卒論提出の6か月前に終えてないといけないらしい!

詳細は学修要覧に書いてありますが、
例えば私、私の場合は以下が条件となる。
————————-
2019年9月卒希望
2019年6月1~10日:卒論提出期間
2018年12月10まで:初回の専門指導を受けていること
————————-
つまり、卒業の9ヶ月前にはやっとかないといけない条件(専門指導)があり、かと言って、9ヶ月前に気づけばいいのかって言ったら違うんですよ!
専門指導にいくためには、一般指導と個別指導を終わらせてないといけない!これがどんだけ掛かるのかは個々に寄るようですが、何を書くのかサッパリ考えてない〜なんて方は、卒業の一年前に卒論に関して動いたんじゃ遅いかもしれないんです!!
うっひゃーこれを抑えていないと卒業計画が狂いそうですよ!
これ抑えてないと、あと一年は単位取るのに頑張って、最終年度で卒論頑張ろう!
なんて思ってたら、もう一年増やさないといけないとこだった…。

あとね、もう一つ、これもスクーリングの時に聞いたのですが
卒業するには用紙を提出して手続きをしないといけない。
それも卒業する一年も前の年に!

つまり私だと
————————-
2019年9月卒希望
2018年7月頃:申請要
————————-
かなり前からの申請が必要ってことがわかりますよね?
編入して二年間での卒業を考えている方は、
入学したらすぐ卒論指導を受けないと行けないし、
一年経つ前に即卒業申請ですよ。
これ、一年経ってやっと仕組みが分かったくらいの私には
まず把握は無理だった。単位取るのに忙しくてそれどころじゃないだろうと…。
そういう意味でもフルタイムで仕事しながら2年で卒業できてる人って神だわ~。

※次年度の授業料払った振込用紙を持って教務課に行くと、
 学生証の裏のシールの更新されたものをくれます。
 これが有効期限にないと無効扱いとなる。

過去問

過去問は入り口入ってすぐ右に掲示板があるのですが、その下に棚があって4つくらいファイルが置いてありました。

なんせもう、買えるのは昨年のみで、古いのは売り切れらしいですから!

写真ばちばち撮ってきた!(*´ー`)ゞ

レポート直接持参の提出場所

今回スクの際に、書き上げたレポを直接持参したいとおもったのですが、どこに出せばいいのか分かんなかったので、書いとこ。

市ヶ谷の校舎だと、2階が教務課で、エレベーター降りた正面にポストがあるのでそこに入れればよいそうです。

初日、うろうろして探したので…。(*´ー`)ゞ