2018年10月スク イギリス文学史Ⅱ(N呂先生)

くわぁぁぁ~、、、お、終わった…
づがれだ~、、、

が、試験直後の感想です。

が、N呂先生の授業、すんごい面白かったです!
でも、決して楽ではありません、というか!
大変です!!((+_+))

大変な理由なんですが、
まず、試験はノート持ち込み可なんですね。
でもこれ、手書きのみ。プリントとかも
全てノートに写す必要があるんです。
これがね、範囲が広くて多くて大変なんですよ~。
腱鞘炎にならないで~なんて冗談で仰ってましたが
このノートづくりが本当にボリューミーで大変でした。
新しく下した1冊、ほぼ丸々使いました。
正直私、もう書いてるものが字の形をしてませんヨ。(笑)

それから試験、1時間半あるんですが、
全然時間足りません。
プリント2枚、1枚目は大問10題くらい。
大問の中に多くて3題、少なくて1題。
2枚目は表裏に主要な作家の代表作や
特徴を書きなさいっての、計30名分くらいあったのかな~
もちろん、ノートに書いてあるから写せばいんですよ。
90分もあれば大丈夫と思うでしょう?
これがしかし、全ては埋まりませんでした…(T_T)
恐らく結構みんな埋まってないんじゃないのかな?
途中退出してる人なんていなかったんじゃないかと思う。

でも、授業はすごい面白かったんですよ!

文学史なんで、年代順に主要作家とその代表作を追って、
ちょっと作品の中身も触れたりするのかなと
思ったのですが、そういう授業じゃなかったです。

まず、『ローマの休日』を扱いました。(映画だろ!)
それから『赤毛のアン』(カナダだろ!)
さらに『ハリーポッター』まで!(え?歴史に入れていいの???)
いーんですいーんです♡
児童文学も怪奇小説も文学だし、
映画だって立派に文学が反映されてる。
それにカナダの文学もイギリス文学の影響をもろに受けてるんですよ!って。
先生は仰います。

『ローマの休日』の中にはシェリ―の詩が出てくるんですね。
この映画、何度も観たはずなのに、ちっとも覚えてませんでした!
そしてシェリーの詩の内容を考えると、映画に違った角度の
深さや味わいが出るんですよ!

『赤毛のアン』もね~、少なくとも3回は読んだはずなんですけど
テニスンの詩が出てくるんですね。そんなシーンちっとも覚えてなかったですよ~。
わたしってば、主流の本筋と離れると如何にさっぱり忘れて
軽く扱ってるかが伺える状況です。(笑)

『ハリーポッター』はしっかり読んだわけじゃないけど
あんだけ売れてるので機会があって少しかじってたんです。
ミルトンの『パラダイスロスト』の影響があるってんです!
それからアーサー王ね!
驚きですね~。いや~読み方が深いです。
同じ本読んでても、知識がある方とそうでない私とでは
その作品の楽しめ度が全然違うって事が良く分かります。

A井先生のカズオ・イシグロの授業の時も思ったんですが、
読む側に教養や知識が要る作品ってあるんですね。
もちろんそれが無くても楽しめるのですけど、
あると深みが出て更に楽しめるってことなんですよ。
イイですね~。
こういう事を教えてくださる授業ってホント素晴らしいですね~。
出席した甲斐があるってもんです。

先生は、当時の女性の生きにくい社会において
作家たちが如何にメッセージを書物に託したかなんてことも
非常にわかりやすく教えてくださいました。

『フランケンシュタイン』を書いたメアリー・シェリーのお母さん
メアリー・ウィルストンクラフト、すごい方だったんですね。
それから先生ご専門のミルトン、本当に驚くほど多くの作家に
影響を与えています。そして彼の主張もまたカッコいんですよ。
『パラダイスロスト』読んでみたいとおもいますわぁ。

そんなわけで、試験前の前日はノートづくりに
午前様超えるし、これまで出席した中ではかなり大変な部類に
入りましたが、しかし!
同時にかなり面白く素晴らしい授業でございました!
N呂先生、がっつり学びたい方におすすめでございます!

2017/10スク イギリス文学史Ⅰ

これね、カモ修で取れちゃうらしいんですよ、比較的簡単らしいです。
けどね、もうカモ修の準備がめんどくさい…(;´∀`)
レポ書いたらもぅ即スクですね。 

担当はF子先生、私はF子先生2回目。
またまた面白かった~♡ シェイクスピア~!!

アメリカ文学史でピューリタンがアメリカに移った事をやったから、少し内容が被ると更に面白いですねね。

私、高校は日本史選択だったとはいえ、中学ではおそらく主な世界の歴史はやってるはずでしょうけれども、ぜ、ぜ、ぜぜ全然覚えてないんですよ~。だから英米文学専攻に入って文学絡めた歴史を学ぶのはかなり新鮮です。

昔、某有名女子大の院を出た子に、人類の大陸移動の歴史みたいなものをざっくり教えてもらって面白いな~と思ったことがあるの。その頃やっと、それまでまったく興味の無かった英語なんかを自分で学びだした頃だったと思う。それで外国の人と日本人とって話から、そんなことを教えてくれたんだよな、彼女。
言語を学ぶ事は文化を学ぶこと ― と、あちこちでよく言われるけれど、今回の授業もそれを感じるものでした。F子先生、今ではあなたの授業が非常に面白いと分かります、ハイ、一回目の初日はすみませんでした。(笑)

クラスで、「今をいきる」という映画を紹介してくれました。部分的に見せてもらえた。私これ、観たことあると思うんだけど、またもや全然覚えてない。この映画は、アメリカの英語の先生、つまりあっちの国語の先生が出てくるのだけど、映画の中でたくさんの文学に触れられます。シェイクスピア、ホイットマン、ソロー、、、。あ~レポートでやった!アメリカ文学史に出てきたあの人だ~って感じ。そして、「カルペディエム」seize the day 今回の授業で学んだことも出てきました。

授業終わって改めて自分でDVDを観てみたのだけど、文学の意味が分かると本当に面白い。ソローなんて森に入るかもしれんけど、結局出てくるんだからね、人はやはり人の中で、つまり社会で生きるようになってるんだよな、なんて思ったりしてね。

こういったものを楽しむ背景ってつまり、その地域で割と当たり前にみんなが知識として持っていることを、少しでも自分の中に取り入れられると、更に理解が深まるってことですね。同じもの観たり、話を聞いてても、受け止め方が違ってくる。
私は外国人で英語ネイティブにはなれないから、その上で何を吸収してどう交わっていくか、それを考える一端になりました。まぁこれは外国人の友達に接してるとしょっちゅう思う事なんだけどさ、英語がわかるわからないはそらー大事だけど、関係性を深めていくときに、日本とその国って先には私とあなたになる。ここで何を言えて、何を受け止められるか、これはまぁ別に対外国の人に限らないけれども、本当に難しくそしてまた面白いことですよな。

他の授業で知り合いになった方とまた会えて、お昼時間などにお話ししたのですが、彼女は文学が嫌いだったのに、この授業でシェイクスピアが面白いって発見してました。

テストは英米事情Ⅰよりは扱う範囲が狭かったから、それほど大変ではなかったです。全体的に楽しい授業でした。

H子先生に論文みてもらいたいかもなぁ。でもアメリカ人作家でやろうとしてるから無理かな…。