放送英語

↓こちらのテキストを使っての授業4日間。
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784764740143

少人数のクラスだったのですが、またいい仲間に会えました。

担当のP先生は、別の授業で厳しいとか、あんまりいい評判を聞いてはいませんでしたが、まぁ正直、この手の評判は「勉強したい人のものか」「したくない人のものか」で結構違ってくるので、あまり気にせず単位取りに行きたいもの取りたい時期に取りに行ってはいます。

が、
まぁ確かに…。

別に先生が厳しいとは思わなかったけど、なんつーか、えっと、、、。

これまでの授業が、新しく知ったこと、学べたことが多く楽しかっただけに、そういう意味ではなんでもない授業といいますか…。教材には音声もついてるから、別に学校来てやらなくても自分でできる内容だね~という感じでした。

まぁ、それでも家でやれないから学校行ってるということもあるかもしれませんけど。。

なんというか、他のこれまでの先生のように、学問や授業にあまり情熱が感じられないんですよね。先生やる気ないのかしら・・みたいな。(笑)
文法の先生はすごく文法を面白がっている感じとか、文学の先生はその作品を愛してやまない感じとか、そういうのが垣間見えるのってすごく刺激になるじゃないですか?
そういうのが感じられなかったんですよね~。。。

しかしでも、テストは論述じゃなくて、ボキャブラリー系やリスニングなので、単語を記憶してなければできないし、音も聞こえないと終わりなので、そのあたりは頑張らないといけませんし、本一冊、試験範囲も広くって、楽ではありませんでした。(楽な授業なんてないか)

しかし、当日ぎりぎりまでやったものをその日すぐにテストってのもどーかと思うなぁ…。
一夜漬けにもならない。(笑)
これだと今回の授業でやった単語、たぶん一週間たったら全て忘れちゃってそうだな。
そういう意味でもちょっと勿体ないかも。一週間たったらまたテキスト開いてみるか・・・。

しかし今回、普通にそもそも英語できてる人が多かったです。
なんか先生とペラペラ話し出しちゃったりして。
やっぱり海外経験あるような人って多いのねぇ。
そういう意味で、割合的にこれはちょっとAもらうのは厳しいかも…という感じです。
うぅ、初めてのBはこの科目か。。。。。

まぁ、この歳で学校通ってる皆さんも、私自身も、よくやってる方かもだけどね・・・。

追記:うぅ、P先生ありがと。あんなに英語できる人たちが多かったのにA貰えた。助かった~。