初スク、終了。(英米事情Ⅰ)

イやぁ〜お疲れ様でした!ヾ(*´∀`*)

なんだこの清々しい気分は!!(笑)

なんのかんの、まぁ楽しかった!英米事情I 。今後読みたいとか、見てみたい映画や舞台をたくさん教えてもらった感じ。あとBreakfast at Tiffany’s は、Kindleで買って原文読もうかな〜〜。村上春樹さん、高校生の時にカポーティの小説読んでスゴイって思ったんだねぇ。小説のスゴさがわかるほど原文を高校生で楽しめてるのがスゴイわ。(笑)

しかし、予習が一番大変だった!あとテストは時間が足りなくて、忙しかった。ヽ(´o`;

色々映像みせてもらっだけど、The Odd coulesの英語は全然聞き取れないのに、Sex and the city だと外国人の友達達と同じような感じで馴染みやすい。これって何なんかな〜〜?

しかし、昔単語絞った版で読んだlove story も、Washington square も、そして20年くらい前に日本語で読んだThe last leafもcatcher in the rye も全部あの狭い界隈が舞台だったなんて驚き!oヘンリーなんてヨーロッパの話かと思っとった…。(・・;)

そういう意味では色々教えてもらって楽しかった。

でもやはり英語の勉強がしたい。私に必要なのは文法だ、文法。さて、これからやっと英語IIのレポに掛かれるわ〜〜。

初スク、初日終了(英米事情Ⅰ)

いやはや。

なんか拍子抜けしてしまった。

これは、取組み方を考えないと、ちっとも英語強化にならない気がして来た…。

先生は可愛らしい声の素敵な方ですが、あんだけ大量にプリントくれたのに、何かそーか、授業はそーか、予習してきてない人もいるしな。優しいかんじだったな。

めっちゃ受講生が居た。でもあのクラスの人達は英語、色んなレベルなんだろな。

最初に一言ずつ生徒に興味ある作品を答えさせた時、え?時間足りなくなっちゃわね?スクリプト読むのに?と思った時点で、私って極力無駄を無くすベンチャー思考にガッチリ捕まってンな〜〜と苦笑。でも、13時から18時半までの5時間半、あんまり英語に接せられた気がしない。貴重な休日、もっと英語に触れたかったなぁ。(と、やっぱり勿体無い思考が出ちゃうのよ。´Д` )

本で学んでレポ書くほうが、もしかしたら学んでる感は強いのかもな。そして私にはそっちのほうが合うのかも。科目によるかもしれんが…。

まぁ、次回はスクかメディアでしか取れない授業に出るからいんだけど。

とにかく、明日もで、次は9時から。備えますか。

スクの予習が全然終わらない(英米事情Ⅰ)

レポ終わってからちょうどスク1週間前に来たプリントの予習をしている。

朝30分、昼休み時間30分、夜1時間30半から2時間くらいとかなり時間を捻出しているけど、いやはや、無理ですな。(笑)

最初のプリントだけ訳したけど、まだまだあって、時間もないので、単語調べて内容把握するのみに切り替えた。

「当てらてたら訳が言えるように 」なんて書いてあったんで、どーしょーかと思ったんだけど、仕事してる身にはこれ以上時間作れないしさ、どなたかのブログ見たら半分くらい予習して授業に出ちゃってるとか書いてあって、だよな、ま、いっか。で訳は作んないことにした。恐らく続けるにはこういうラフさも必要。まともにやってたらストレス負けしちゃうわ。意外とマジメなんで。(笑)

いや〜〜ネットの諸先輩方、助かるよ。こういう情報とは言い難いことでさえ、かかりすぎる負荷を緩和してくれる。有り難やありがたや。

でも内容把握しときたいんで、平日は平日なりに、休日は休日で、これでもメチャメチャ勉強してるよ〜〜!!

これ、好きでやってることだからいんだけどさ、それでもシンドイことはシンドイわ。

ただ大学卒が欲しいからじゃ、確かに無理だわなぁ。